スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フローリングの和室

遅れましたがあけましておめでとうございます

本年もよろしくお願いします。

さて一月も20日が過ぎました

今日は去年年末にリフォームをさせていただいた

お客様のことを紹介させていただきます

こちらのお客様は将来介護用ベットをいれることを考え畳をフローリングに

変更したいとの相談を受けました。

皆さんはフローリングでも和室用のフローリングがあるのをご存知でしょうか?

今回はパナソニック銘木縁甲板を使用しました


施工前
三宮神社 1005

施工後
三宮神社改修後 006-1

どうです?

全然違和感無くフローリングに変更できました

工期は2日間ぐらいです

たたみは掃除や手入れが面倒だという方も

一度かんがえてみてはどうでしょう!!


外壁の塗り替え

天気も安定してくる春と秋に忙しくなるのが外壁の塗り替えです。

当社でも何件かの塗り替えの工事を今年も施工させていただいております。

外壁の塗り替えの目安としては10年~15年といったところです。

それ以上経つと塗膜の劣化が激しくなり建物の傷みが出てくる可能性が増えてきます。

家も人の体も悪くなる前の予防措置が長持ちの秘訣です。

悪くなってからの補修はとても大変で費用もかかります。

中西邸1 079

こうなってしまっては痛んでるところによっては建物強度にも影響します。

あと壁のクラックの補修をお客様自身でコーキングする場合ひとつ注意してもらいたいことがあります

コーキングの種類をよく見てください。

ホームセンターで外壁用で売られているコーキングを選ぶときは

必ず変成シリコン又はウレタンコーキングを選んでください

普通の「シリコン」としか書いてないのは外壁の塗り替えのとき

塗装が乗らなくてとても苦労します。

よろしくお願いします。

三丁目の夕日

昭和の生活に戻りたいと思ったことありませんか?

当然今の時代のほうが便利ですし夏はクーラー

冬は高気密住宅で暖房もよく効きます

ましてや隙間風なんて入ってきません。

でも映画「三丁目の夕日」みたいな町並み生活

そんな時代に行って見たくないですか?

いま大手ディベロッパーがニュータウン開発を手がけていますが

昭和の町並みをコンセプトとして開発してるところはないと思います

確かに建築法 消防法とかで制限が多いですが最新の環境にやさしい

建材を使い住宅装備は当然最新のものでそろえますが

その町のなかに八百屋、魚屋、駄菓子屋、金物屋等々生活するのに

必要な店がすべてそろっていて道は当然土で雨が降ったら水溜りが

できますが、夏の夕立の後涼しくなって縁側でスイカなど食べて・・・

しかも車で繁華街まで30分くらいでいける

神戸でそんな町ができないか当社では考えています

神戸は少し中心を離れると結構田舎が多いので

資金、計画、準備をしっかりすればできそうな気がします。

昔の土壁なんて今の外断熱ですから昔のお家はとてもエコだったんですよ

家の方向も夏一番風が通りやすいように窓をつけるように設計できてました。

だから以外とクーラーなしでいけたのです。

人のつながりもありおせっかいなおばさんがいて

すぐにおこる近所のおやじに追いかけられながら

町中でひとつの生命みたいな町そんな町を手作りで作ってみたい。

とまぁ神戸の小さな工務店の従業員の妄想でした。m(_ _)m

火災警報器

皆さんのお家は簡易型火災警報器を

もう設置されてますでしょうか?

「住宅火災の死者の6割は高齢者。住宅用火災警報器の普及率は35.6%

(2008年6月時点)にとどまっている」

という記事が載ってました。

新築住宅では設置が義務づけられてますが

既設住宅では普及率はまだまだのようです。

ホームセンターなどで5000円前後で手に入りますし

取り付けもドライバー一本で設置できますし電池式なので

配線工事など電気工事もいりません。

(5000円前後のタイプの電池式で約10年電池が持ちます)

種類は2種類あって「熱」に反応するタイプと

「煙」に反応するタイプがあります。

熱に反応するタイプは厨房につけます

煙に反応するタイプは寝室や階段の踊り場の天井

に設置します。

最近はよく火災で不幸な事故をよく耳にします

火災は早く気づけば命は守れます

この際まだの方は考えられてはいかがでしょうか?

屋根の後施工外断熱

もう少しすると梅雨もあけ暑い夏がやってきます
地球温暖化も多くの人に意識されてきて
今年こそはエアコンはできるだけつけずに・・・
と思っている方も多いのではないでしょうか?
そこで今回は外気の暑さはどこから家の中に入ってくるのか考えてみましょう

まずは窓、ここからは多くの熱が入ってきます。
対処策としてはカーテン、スダレをすることです。
とくに窓の外に吊るすスダレは部屋の内側に吊るすカーテンよりも
より暖熱効果が高く通気性もよく夏場の窓には適しています。

しかし窓よりも多くの熱が入ってくるのは実は最上階の天井なんです
夏の日差しは地面に対して垂直に当り壁や窓に当る日差しの量より
おおいいのです。
特にコンクリート等の熱しにくくさめにくい材料で屋根を陸屋根にしている
お家はエアコンをかけても天井からヒーターをつけて冷房をしているのと同じですので
エアコン効率がよくありません

当社で提案しているのは後施工外貼り断熱工法です
今のコンクリート面に断熱材を施工しその上から防水を施せば
出来上がりです。コンクリート陸屋根以外でもいろいろ後施工外張り断熱工法はありますので
いちど興味のある方はご相談ください。
外断熱 002
外断熱 001
プロフィール

ko-sei

Author:ko-sei
神戸市の工務店「中居建設工業(株)」
阪神淡路大震災で倒壊家屋ゼロ。新築、リフォーム、外構工事、エクステリア、耐震相談、エコキュート、オール電化、住まいのことならなんでもご相談ください。詳しくはホームページをご覧ください。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。